HOME > 灯ろう流しについて

灯ろう流しのきっかけ ~江戸時代~
宝暦・天明・天保の時代・・・数度に亘る冷害や大凶作によって、仙台・伊達藩を含む東北では数十万人が飢餓で亡くなりました。伊達藩のみならず藩外からも多くの人が食を求め、この広瀬川付近に集まりました。そこで、伊達藩では広瀬橋近くに救助小屋を設け、「かゆ」を振舞うなどのできる限りの施策を取りました。しかし、数拾万人とも伝えられるほどの多くの人がそこで衰弱し、最期を迎えました。
この様な非業な死を遂げた人々を供養するため、「伊達家第七代 重村公夫人」の観心院が広瀬橋のたもとに桃源院を開基し、灯ろう流しを始めたと伝えられています。以来、盂蘭盆7月16日に”川施餓鬼”を修行する慣例に従い、毎年灯ろう流しが続けられてきました。
現代、そしてこれからの灯ろう流し
江戸時代から引き続き灯ろう流しは行われ、昭和に入ると花火大会も同時に開催されるなど、「夏の風物詩」として親しまれるようになり、当時の仙台市内有数の夏祭りとなりました。
昭和53年に一時中断を余儀なくされたものの、「夏のにぎわいを取り戻そう!」と市民が立ち上がり、平成2年に復活。歴史と由緒のあるこの行事を地域の伝統にしていきたいという思いから、広瀬川を囲む長町、南材地区の商店会、町内会が運営の中心となり、旧暦での仙台の送り盆にあわせ毎年8月20日に開催しています。
故人を偲ぶ灯ろう流し、そしてこれからの清栄の願いを込めての夏祭り。秋へ向かう季節の折り返し地点として、皆様の心に共にあるイベントとなるよう、実行委員一同、これからも励んでまいります。

文字.JPG
広瀬川灯ろう流しは
今年で28周年になります